スポンサードリンク

色の吉凶

風水ではラッキーカラーが良く利用されます。
風水でいうカラーとは、太陽のパワーを秘めた運を表していますから、太陽の下での色が基本となります。
色は太陽の光がなければ色を出す事が出来ませんから、色とは太陽の運気を貰っている事になります。
私たちは普段色を選ぶときには、紺とかグレーなどの無難な色を選んでしまっています。
しかし、誰にでも合う色というのはそのカラーが持つ運のパワーも平凡なものでしかないのです。
しかし、日常生活に征服など紺、グレーなどの色を来ている人は、逆に誰にとっても運気が左右されない色として利用されている利点もあります。
それではそれぞれのカラーが持つ意味を紹介していきましょう。
黄色は金運アップのカラーです。
金運と西側は密接な関係を持ち、多くの人が知っている情報となっています。
目的別の金運がある場合にはそれぞれの方位を利用します。
東北は不動産運が良くなり、南西は家庭面での金運アップに良いのです。
白はそのカラーから想像出来るようにまだ何も書かれていないキャンパスのような意味を持ちます。
黄色と白を組み合わせると更に金運をアップさせる効果があります。
しかし、白は他の色と混じりやすいカラーの為、単色で利用するのが基本となります。
他の運気が混じりやすいので気をつけましょう。
ブルーは冷静な色で、浄化の作用も持っています。
また、仕事や才能運をアップさせる効果もありますから、男性に特に利用されると良いでしょう。
淡いブルーは仕事運だけでなく家族運もアップします。
ピンクは恋愛運をアップさせるカラーです。
結婚運を上げたい時、恋人との関係をアップさせたいときに利用しましょう。
新しい恋を始めるときには、濃いピンクを利用されると良いです。
ゴールドは黄色と同じように金運を良くさせます。
ただしゴールドはワンポイント使いで十分、色々なカラーと組み合わせたり、皮製品と合わせると運気がアップします。
シルバーは気持ちを落ち着かせるカラーです。
オレンジは子宝のパワーや、旅行運がアップします。
赤は太陽の色と同じで強いパワーを持っています。
健康と家庭の豊かさを発達してくれます。
その他にもカラーには色々な意味を持っていますが、吉となる方位とあわせて利用すると更にパワーがアップします。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline