スポンサードリンク

トイレの方位別の対応

鬼門である東北にトイレがある場合は、家相上では家族に健康の被害が及ぶとされています。
現在既に東北にトイレがある場合は、簡単に間取りを変える事は出来ませんから、風水インテリア術によって運気をアップさせましょう。
鬼門にトイレがある場合は、浄化させる白がポイントとなります。
スリッパやマット、トイレットペーパーなどトイレに利用するインテリアは白にしてください。
出来ればトイレ自体の色も、健康管理がしやすい白がベストです。
白い花を飾り、白い器に盛塩を行ってください。
塩は3日程度で交換し、長くても1週間に1度は交換しましょう。
トイレの不浄さを解消する為にも、トイレは常に清潔にしておくことです。
裏鬼門である南西にトイレがある場合には、家族の精神的な健康を損なう恐れがあります。
裏鬼門は大地の運気を持つ方位ですから、トイレのファブリック類に土と緑のカラーを取り入れてください。
ベージュや茶、緑などです。
マット、スリッパは焦げ茶、便座カバーはベージュとします。
観葉植物は必ず飾ってください。
窓が付いている場合には観葉植物の育ちもよいはずです。
盛塩も必ず行い、浄化を促す為に掃除を毎日行いましょう。
他人が利用しても清潔だと感じるようなトイレを目指していれば良いのです。
ファブリック類にも吉となるカラーを利用し、清潔感をアピールして下さい。
便座カバーなどは汚れたら直ぐに変えられるよう、数枚替えを用意しましょう。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline