スポンサードリンク

トイレの方位と入浴法

家相などでもトイレの方位は重要だと言われています。
家族の健康を握るのはトイレと言っても良いでしょう。
鬼門にトイレがあるのは家族に病人が出る可能性があります。
風水でも裏鬼門は精神面の健康を保つ場所とされており、不浄なものがあるトイレで汚される事になります。
しかし、現在のトイレを移動させる事が出来ない場合もあるでしょう。
その場合は風水のインテリア術で、不運を取り除く方法をお勧めします。
鬼門、裏鬼門とも盛り塩は必ず行います、塩を盛っておいても交換しなければ意味がありません。
塩が悪い運気を吸い取りますから、最低でも1週間に1度は交換してください。
使った塩はトイレに流せば良いのです。
お風呂も鬼門にあると健康を損なうといわれています。
毎日のお風呂はその日の疲れを取り除き、入浴によって健康を保つ事が出来るのです。
風水で快適な入浴を行うためには、それぞれ対処法が異なってきます。
ストレスが溜まっている人は、アロマオイルなどを利用してみてください。
アロマオイルからの香りは直接鼻から体内に入り作用します。
リラックス効果のあるハーブはラベンダーです。
友人関係に悩んでいる人は、お風呂上りに白のバスローブを利用すると良いでしょう。
お風呂の中でリラックスできる方法を考えて見ましょう。
歌を歌ったり、お湯をたっぷりと使うのも一つの方法です。
水は悪い気を流してくれる効果があります。
良い気を運んでくれる入浴方法には、温泉を利用する方法もあります。
温泉の成分が健康効果を働かせる事もありますが、方位によっても健康になる部分が異なってきます。
北は婦人系の病気やおなか、北西は自律神経、東南はストレス、目や肌には南、西は頭痛によく効きます。
また、風水術で健康が取り戻せない場合には、きちんと医者にかかって処置を行う事も必要でしょう。

スポンサードリンク

このページのTOPへ戻る


footline